« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

小春日和(*^_^*)

暖冬、暖冬ということで、毎年さむ~~い、
伊賀地方もあったかい毎日が続いています。
朝夕はやはり冷えるけれど、いつもよりは全然。
「伊賀の寒さってこんなんやったかな?」と思う毎日です。

さて、今日はお天気がよかったので
園内点検?ということでお散歩をしていました。
森のようになっているところはやはり温度が低いせいか、
「霜柱」がありました。

Img_0941_1

ちょっと白っぽいところが氷なのですが、
踏むとざくざくっと音をたてます。

でも、ひなたにくれば本当に春がきたと思うくらい
あったかい!(*^_^*)
今日が1月なんておもえないくらい!!

ミニブタくんたちもひなたぼっこ。
Img_0942_3

ザリガニ池のまわりで
みんなひなたぼっこ・・・

「今日はきもちいいぶ~(*^_^*)」
Img_0943_6

すももさんとこうめちゃんは仲良くお昼寝。

このくらいの気候が一番過ごしやすいみたいです。

| | コメント (3)

2007年1月12日 (金)

『ムーンの人』

『ムーンの人』 

最近、のんびり牧場スタッフから、ジャージー牛の「ムーンライト(愛称:ムーン)」に頻繁に会いに来てくれるお客さん(ご夫婦らしい)がいるという話を聞きました。それも、毎週かならず。年末年始には、5回ほど来てくださっていたようです。私は、とても驚きました。

モクモクで、そんなに会いに来てもらえるスタッフがいるだろうか?

皆さんは、ムーンという牛をご存知でしょうか?乳搾り体験学習のアイドル牛「コメット」に比べ、仕事ぶり、見た目、性格・・・特にすばらしい所があるわけではないのです。世話をしているスタッフから見れば、かわいい牛ですが・・・・。

そのご夫妻とムーンとの出会いは、直営レストランにムーンがイベント出張に行った際に、ご夫妻が乳搾りやバター作りの体験したことだそうです。(コジロー担当)
とても感動され、その週末には、モクモクまで遊びに来てくれたそうです。それからずっと、通い続けておられるそうです。

ムーンに、なぜ、そんなに会いにきてくれるんでしょうか?

『ムーンの人』に直接会って、今度お話をしてみようと思います。そこまで、熱心に来て下さるお客さんがいるムーンが、とにかく「すごい!」と思いました。きっと、その方たちは、ムーンに会う事で、そして、モクモクに遊びに来る事で、パワーをもらってくれているんだろうなと思います。そんな存在に私もなってみたいもんだ!と思いました。

                        学習企画チーム  藤原理恵(フーロン)

| | コメント (1)

どんど焼き準備しています!

1月14日(日)どんど焼きを行います!
お世話になったしめ縄やお正月かざりを
当日ぜひ持ってきてくださいね!
(* プラスチック製のものや塩化ビニール系のものは取り除いてもってきて下さいね。)
どんど焼きとは日本各地で行なわれる小正月(1月15日)の火祭りです。お正月に使った門松やしめ縄、お守り、破魔矢、祈願成就した「だるま」などを持ち寄って焼き、その火にあたったり、餅を焼いて食べて無病息災を願うものです。お正月にお迎えした神様をお送りする日本の伝統的な行事です。

Photo_160
↑どんどは当日大きな青竹を組んでつくります。まだ途中。

「どんど」とは「尊いもの」という意味があるようですよ。
場所はモクモクきのこ農園横です。
豚汁とおもちつきの屋台もでますよ!

ファーム企画   加藤 綾\(^o^)/

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

2007年あけましておめでとうございます~
・・・もう1月も半月経ってしまいますが、風邪など引かず
お元気でお過ごしでしょうか。
OKAERiビレッジの斉藤真理子です。

年始のモクモクで、私はこんなことをしていました。

1月2日から、OKAERiビレッジでは着物で、泊まりに来てくれた方を
お出迎え

_018_1_1
朝からずっと着物・・・・・
着物は、はれやかで素敵やけど、動きずらい(涙)
朝から着せてくれた、お母さんありがとう。
昔の人は、すごいなあ(涙)と感じた一日でした。

ちなみに、私は着るのに悪戦苦闘の2時間・・・
一方、隣の立っている宿泊チームの金谷さんは、1っ分・・・(涙)

さてさて、正月は他に・・・

特製おみくじを用意したり・・・
(手づくりなもんで、なかなかでずらく、気合と根性で、みんなシェイクしてくれていました。)Photo_158

羽根突きも!!
(熱い戦いが繰り広げられていました!!)

そして、夜は・・・
OKAERiのスタッフ、こじろうと一緒に
「大すごろく大会~」

Photo_159
大きなさいころを振って~
とまったマスが・・・「この場のみんな一緒に腕立て10回!」                                    
そ~れっ!いち、に、さんっ・・・・
お父さんずるしちゃだめですよぉ~(こじろうチェック!!)

以上、OKAERiビレッジ斉藤真里子の年始でしたっ!

OKAERiビレッジ 斉藤

| | コメント (0)

2007年1月10日 (水)

冬キャンプまであと1ヶ月

みなさん、明けましておめでとうございます。
正月も過ぎてしまい、また慌しい日々が戻ってきてうんざり・・・
なんて人もいるのでは!?
実は私も正月がもっと長ければいいのに~と気が抜けていて、
『いかん!いかん!』と自分に言い聞かし、がんばっています。

今、していることは2月3日・4日に行われる「冬キャンプ」の準備です。
寒い冬だからこそ楽しい遊び、美味しい料理を皆さんに堪能して
もらおうと四苦八苦!(笑)やっぱり冬やから寒いやん!?
でも、寒いの嫌やん!?もぅ~人間ってわがまま!←自分自身もですが・・・。
でも、本当に昔の人ってすごいと思うんです!今では、暖房器具って
便利なものがあるけど、昔は、いろんな知恵を絞って身体を温めて
いたんですから。
便利な世の中になって、私たちは、考えることが少なくなっている
ような気がします。このキャンプでは、みんなで新しい身体の温め方が
発見できたらなぁ~と思っています。

学習企画チーム コジロー

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

モクモクウェディング☆

1月7日(日)にモクモクでブライダルがありました!
お昼は雪も降っていたので、ちょっと心配でしたが、
寒いながらも雪はやみ、楽しいブライダルになりました。
1月から4月まで、モクモクではおいしいさちのかいちごが
採れます。
今回はロングケーキということで・・・
1メートルの長さのいちごのケーキが登場しました!
とってもおいしそうでしょ♪

Photo_157

ふんだんに使われたモクモクのいちごさちのか。
今、パンとお菓子の工房M:Mのケーキも
いちごのロールケーキやムース、いちごタルトがあって、
とってもにぎやかです。

ファーム企画  加藤 綾

| | コメント (0)

冬のモクモク ミニブタ編

う~・・・寒い!!
ここ最近本当に寒いですね。
モクモクのある伊賀地方は盆地なので
朝は冷え込みが厳しいです・・・。

「む~さむいぶぅ・・・。」

Img_0711_2
だいずくんがモクモクショップのドア前で
待機しています。
「早く朝礼終わらないかな~。」AM9:10

Img_0714_1
「あたしは冬はそんなに苦手じゃないのよ~」
と、
すももさんはてくてくお散歩中。

Img_0715_1
そらくんはお部屋であったか・・・。

あ、だいずくん入れたようです。
よかったね(#^.^#) AM9:30

Img_0721_1
冬はモクモクショップへの出没機会が多くなる
だいずくんでした。
(ショップにはストーブがあるのでここであったまってます)

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

パパビアレストラン野菜のお話

今日はファームにあるバイキングレストラン「パパビアレストラン」に
モクモク農業生産部の長谷川くんが「野菜のお話」をしに
きてくれました。
モクモクの農場は、ファームから約20分のところにあって、
今日はそこから採れたての水菜、白菜やにんじん、
キャベツ、ブロッコリー、辛味だいこん
などを持ってきてくれ、
それぞれの野菜について話をしてくれました。

Photo_154

「伊賀地方は寒さが厳しいから、今収穫している野菜はとても甘みが
あっておいしいんですよ」
「白菜は小ぶりで収穫しましたが、葉もしっかり詰まって甘みを
感じられるものにできあがりました」
はっしーの話をお子さんたちもしっかり聞いてくれてました。
とくに長谷川くんの自信作のにんじん「ベータリッチ」
独特の臭みがなく、にんじんが苦手な方でも食べやすいのが人気。

今日はそのとれたて野菜の中から「水菜」を選んで、
特製メニューをお出ししました!
名づけて「水菜のハリハリ鍋」です。

Photo_155

モクモクの水菜はサラダでもおいしくいただけるので、
こんぶとかつおでとっただしにしょうがを加え、
体もあったまる、そして、水菜の歯ざわりもよい鍋を
皆さんに食べていただきました。
やはり、長谷川くんのお話をきいた後だったからでしょうか。
みなさんお鍋の前に並んでくれてとても嬉しかったです。

「ハリハリ鍋は今日食べた中で一番おいしかったです。
ほかももちろんおいしかったけどね。普通水菜は筋張って
いたりするものがあるんだけど、これは食べやすいですね。」
「つくっている人たちが来て説明してくれるとさらにおいしく感じるね。
生産者の方もここに来て話すのははりあいになるね。」
と、草津から来てくださった阿部さんご夫妻。
また、大阪からモクモクによく来てくださる会員の増本さんは
「小2の息子が野菜づくりに興味をもっているので、
長谷川さんと話せてよかったです。家でも家庭菜園をしますが
なかなかうまくいきません。今年は子どもたちにもいろいろと体験を
させてあげたいなと思います。」と、言ってくださいました。

Photo_156

みなさんもお食事しながらでしたが、
うんうん、とうなづきながら聞いてくださいました。
お客さんに質問を受けながら、長谷川くんにとっても
充実した一日になりました。
1月、2月の木曜日と日曜日の12時半前後
農業生産部の長谷川君と川戸くんがやってきますよ!

パパビアレストラン店長  山本 亮太

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

しいたけの菌打ち体験☆

1月2日、モクモクのきのこ農園は1周年を迎えました!

たくさんの方がこの一年のうちに訪れてくださり
冬の間焚き火の火で採ったばかりのしいたけを
はふはふ言いながら食べている子どもたちの笑顔を見ると
とっても嬉しくなります♪

しいたけは嫌いだ!といっていた子が、
ぺろっと3枚食べてくれたのにはびっくりしました!
実は私もしいたけはそんなに好きじゃないんです。
でも原木になるしいたけは肉厚だし、焼いてもしいたけ臭さが
なくて、ジューシーで、はまってしまっています(^_^;)

さて、先日2・3・4日にはきのこ農園で
しいたけの菌打ち体験がありました。
菌打ちの季節は寒い冬の時期。
12月~3月の間にしか体験できないものです。
モクモクのしいたけづくりといえば農業生産部の大月くん。

Photo_152
しいたけの原木の説明を
みんな熱心に聴いています。

まずはきのこの話・・
きのこの育て方や自然発生のきのことハウスでつくるきのこの
違いを聞いたり。
そしてお土産のしいたけを採ったら、いよいよ菌打ち体験です。

Photo_153

原木(しいたけの菌を植える木)に穴をあけるには(この植菌体験の時は)、
ハンドドリルでしてもらうのが通常ですが、お父さんたちには
農業生産部のスタッフがつかう大きなドリルに挑戦してもらいました。
皆さん真剣!
お父さんの開けた穴に、子どもたちがコマ菌を“とんてんかんてん”
かなづちで打ち込みます。

「しいたけのでき方がわかって、そして原木に生えたしいたけを
採るというのは、子どもたちにもいい刺激で、とてもいいことだなと
思いました。食べものを大事にしてくれるでしょうね。」と、参加してくれた
高柳さん。
安土さんは「昔、家でおじいちゃんがしていたのを思い出して
懐かしいです。」と、お家で育てていたしいたけのお話をしてくださいました。

みんなで協力して、しいたけ菌打ちをして・・・。
とても中身の濃い1時間でした。
次回は2月の土日です!

ファーム企画   加藤 綾

| | コメント (0)

2007年1月 5日 (金)

とんとん拍子に福来たる!

3・4日は、お天気もよく、たくさんの方がモクモクに
遊びにきてくださいました。
モクモクのお正月にかかせないのは、
「豚舞」!
なんでも、願い事を言って豚舞に頭をかんでもらうと
願いが叶うといわれております。
ガブリ!!

Photo_151

とんと~ん拍子に福来る~!
みんなのお願い事が叶いますように!

ファーム企画  加藤 綾

| | コメント (0)

2007年1月 2日 (火)

あけましておめでとうございます!

みなさま、
あけましておめでとうございます!

2007年がやってきました!
\(^o^)/今年はいのしし年ということで
猪突猛進!まっすぐな気持ちでいろんな
ことに挑戦したいものです。

モクモクは今年も、今日2日の10時から
また一年が始まりました。
今日はあいにくの雨模様でしたが、
14時からの福もちまきには
たくさんの方に参加してもらえました。
終わったあとに、たくさん福をもらった方が
とれなかった方にプレゼントしている姿を見て、
なんだかとってもあったかい気持ちになりました。
嬉しいですね。

さて、ファーム内では小学生までの方には
七福豚すごろくラリー☆
大きな福笑い福豚笑い☆
こまの絵付け☆
Dsc00402_1

そして
もちまき☆
豊穣太鼓の演奏☆
もちつき☆
射的☆
とお正月ならではの催しをたくさんしています。

そして・・・モクモクのお正月と言えば豚舞!

とんとん拍子に福来る!
豚舞にあたまをかんでもらうと、今年一年いいことが!!
ぜひモクモクのお正月にきたら、園内を見つけてくださいね!

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »