« 村の紙芝居:モクモクOKAERiビレッジ | トップページ | 雨の日に現れる人形劇団!? »

2005年9月27日 (火)

動物感謝祭

こんにちは。みなさん、お元気ですか?\(^o^)/
今年はモクモクで初めて!!

「動物愛護週間」イベントを行いました!!

20日~26日の間は 、モクモク手づくりファーム内「豚のテーマ館」前にて献花をおこない、動物慰霊碑に供えてもらいました。
動物愛護への意識の芽生え、少しでもそのきっかけになれば幸いです。

nikki20050927p1

さらに、24日には動物感謝式を13:00~行いました。
モクモクの木村社長、天王寺動物園スタッフの芝野さんの話のあと、みんなで黙祷、献花。

献花には、動物さんへの気持ちを表すために、短冊をつけてもらいました。
その中には「コテツくん、天国でも素敵なジャンプをとんでね」というコメントがあり、胸がきゅうっとなりました。
モクモクの動物さんを愛してくれている方がたくさんいるんだなぁと実感しました。

nikki20050927p2 その後14:30から、天王寺動物園スタッフの芝野さんのお話がのんびり学習教室でありました。
芝野さんはコアラの担当で、ユーカリは300種類くらいあって、中でもコアラの食べられるユーカリは内30種類ほど。天王寺動物園では14種類のユーカリをつかっているとか。
コアラの先祖は大きさが2メートルくらいあった。
など興味深い話をしてくれました。

15:15までの予定でしたが、芝野さんはあつく語ってくれたため、20分ほどオーバーしてしまいましたW。
ユーカリの現物も見れました。
においがみんな違うので面白いなぁと思いました。

|

« 村の紙芝居:モクモクOKAERiビレッジ | トップページ | 雨の日に現れる人形劇団!? »

コメント

コメントありがとうございます。お返事が遅くなりました。ごめんなさい。
モクモクでは豚さんをはじめ、たくさんの動物を飼っています。そして、モクモクの製品であるハムやウインナ-を作る時には豚の命をいただいて作っています。「大切な命をもらって、私たちは作っている。」それを心にしっかり受けとめて、ハムを作らなくてはいけないし、食べてもらうみなさんにももっと命の大切さを感じてもらえるようにしていかなくてはいけないな、と感じています。食べ残しや、簡単に捨ててしまうことをしないように・・・!!.私達は自分だけで生きているわけじゃないんだなっていうことを忘れてはいけないです。動物もお米も野菜も・・・命をもらってつくっているんだってことを。
みなさんに「大事なこと」が伝わるように努力していかなくては!と思います

投稿: モクモクスタッフ | 2005年12月27日 (火) 13時39分

はじめまして。
何度かモクモクには行ったことがありましたが、あのコテツ君がなくなったなんて、今頃知りました。 (怪我をしていると聞いたことはあったのですが。) 
 動物感謝祭で、コテツ君だけじゃなく他にも亡くなった動物達に黙祷を捧げる機会だったのに参加できませんでした。残念です。
 以前、あるお寺で、「最近は自殺など、自らの命を捨てる人が多いが、命は自分だけのものじゃない。自分が生きていくために死んでくれた動物だってたくさんいるはず」というお話を聞いたことがあったので、よけいに、こういった機会を通じ、人や動物の命の大切さを大人も子供も認識しないといけないと感じました。来年は参加したいです。

投稿: 匿名希望 | 2005年12月 7日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村の紙芝居:モクモクOKAERiビレッジ | トップページ | 雨の日に現れる人形劇団!? »