2013年2月23日 (土)

全国食育交流フォーラム2013 実行委員会解散!

P2211061_2

とても意義深い3日間でした。

やり遂げたぞ~!という達成感に浸る間もなく、
また日常の業務に戻りますhappy01

実行委員長個人的に、今回は、自分自身の思いを深~く探る機会になりました。
胃の奥のジク~っとしている感じが取れるころには一皮むけるでしょうか。

また成長した姿でお会いできるのを楽しみにしています。
フォーラムブログはしばらくお休みしますnight
くわしくは全国食育交流フォーラムFacebookページへ。

2013年1月27日 (日)

全国食育交流フォーラム2013 託児について

全国食育交流フォーラムでは、託児を利用することができます。

clock利用可能日:2月20日(水)、2月21日(木)

(*2月19日はご利用いただけません)

pig場所:モクモク手づくりファーム内(OKAERiビレッジコテージ)

happy01託児担当:*伊賀市ファミリーサポートセンター登録団体
tulip対象年齢:2歳以上
(*2歳未満のご希望はお問い合わせください)

dollar託児料:分科会1コマにつき1,500円

pencil申込締切:2月4日(月)

bud最少催行人数:2名(1コマあたり)
(*最少人数に満たない場合は、ご利用いただけない場合があります。)

riceball申込方法:
以下について、事務局までご連絡ください。
①希望日
②保護者氏名(ふりがな)
③子ども氏名(ふりがな)
④子どもの性別と年齢(○才○ヶ月)
⑤その他特記事項
faxtoFAX:0595-43-2100
maillabo@moku-moku.com
riceball手続きについて:
お申し込み後、主催者および託児団体と書類でのやり取りが必要です。
044
(写真)OKAERiビレッジ外観

002_308
(写真)内装イメージ(実際はベッドのない部屋での託児となります)
 

2013年1月19日 (土)

【締切間近!】全国食育交流フォーラム2013

1月20日が申込締切ですよ~!
参加しようかな~、どうしようかな~と迷っている方に、
フォーラムの雰囲気をお伝えします。

sun農業・食育体験実践者が24%
happy01学生も多いですね、14%
食品関係の企業、行政関係、教育関係者と続きます。

75%の方々がおひとり参加budです。
たくさん交流できるように、運営側もいろいろな企画を練っています。

男性37%、女性63%
20代から70代まで年代はいろいろ、平均年齢は39歳chick
riceball20代が学生を中心に14%
wine30~40代が全体の約半数です。
6
こんなことが学べます~ともに「食育」を考えよう~
 ・食育を充実させるための体験活動の重要性と具体的手法
 ・フランス流の食育・「味の教室ワークショップ」のやり方
 ・食べもの、農業、いのちのつながり
 ・生ごみを使ったおいしい野菜作りの方法、その教え方

こんな方におすすめ!~分科会に参加しよう~
 ・体験プログラムの基礎を学びたい方
 ・地域の子どもたちに農業体験を提供したい、している方
 ・体験施設、交流施設、飲食施設でPOPづくりを担当している方
 ・「命をいただくこと」を伝える立場で、実体験を必要としている方
 ・調理体験活動に携わるが、衛生面に不安がある方
 ・地域おこしの中心的役割の方、そのサポートをする方
 ・学校園や学校田の活動を充実させたい保育園、幼稚園、学校の先生
 ・収穫物を使った調理体験を充実させたい方
 ・他地域の食育の取り組み事例について知りたい方

こんな人に会える!~全国から魅力いっぱいの講師陣~
 ・(長崎)生ごみ先生
 ・(三重)高校生レストラン「まごの店」の仕掛け人
 ・(福島)震災一年後に、福島の農を伝える民宿を開業した桃農家
 ・(徳島)自由な幼児園、自由な学校主宰者
 ・(山梨)ワインツーリズムムーブメントの仕掛け人
 ・(全国)農業、地域づくり、食育に関心のある学生
 ・(全国)食べる!伝える!エネルギーいっぱいの熱い参加者

お申込みはこちらから↓↓↓
http://www.moku-moku.com/shokuiku/


 

2012年12月23日 (日)

全国食育交流フォーラムカレンダー

フォーラムの講師のおすすめイベント、研修会などの

開催日程を載せたカレンダーづくりをはじめましたhappy01

pencilhttp://www.moku-moku.com/shokuiku/koushi.html

情報は、随時更新中。

講師プロフィールと合わせてご覧ください!
 

2012年12月 9日 (日)

全国食育交流フォーラム パンフレットができました

お待たせしました!

全国食育交流フォーラム2013のパンフレットがダウンロードできるようになりましたhappy01
pcパンフレットダウンロードはこちら
_out

いよいよ申込受付開始です!

bud開催概要、分科会内容はこちら
pencil申込方法
申込用紙をダウンロード、必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールにてお送りください。

pcエクセルファイル

pencilPDFファイル
----------------------------------------------------------------------------
<申込先>

faxtoFAX0595-43-1589

 

2012年12月 7日 (金)

全国食育交流フォーラム2013 実行委員会風景

第2回実行委員会を開催しましたhappy01

bud日時:平成24年12月6日(木) 15:00~17:00
artメンバー:モクモクスタッフ12名
いよいよパンフレットが出来上がり、
掲載内容・参加申込書の最終確認を行いました。
実行委員会が分科会の進捗状況や講師とのやり取りについて、
小グループで共有します。
基本的には日常業務の合間を縫って、担当者が企画を練りますが、
実行委員会の場で、お互いの落とし具合をツッコミ合いました。
日ごろの経験や、新たな視点を注入して、いい企画を作るぞ~!
次回は年明け1月10日開催予定!

実行委員長chickこまつ
Dscf7616

2012年11月26日 (月)

全国食育交流フォーラム2013 分科会

全国食育交流フォーラム2013の分科会が決まりました!

riceball全体概要はこちら

pencil参加申込フォームはこちら
-------------------------------------------------------------------------
分科会① 2月20日(水)9:30~12:30
-------------------------------------------------------------------------
bud"1-A 生ごみリサイクル元気野菜のすすめ~実践編~
    NPO法人大地といのちの会・吉田俊道"
art"1-B プロデューサーの流儀1 地域連携ビジネス編~高校生レストランの奇跡~
    多気町役場・岸川政之"
happy01"1-C TOECフリースクールの取り組み~食の風景~
    TOECフリースクール 伊勢達郎"
riceball"1-D 自然農園ランチ塾~野草、大豆を使って~
    西村自然農園"
pencil"1-E 伝わる、集まる、あったかい 手描きポスターチラシの作り方講座(入門編)
    モクモク"
karaoke"1-F 事例発表者募集!"
-------------------------------------------------------------------------
分科会② 2月20日(水)14:30~17:30
-------------------------------------------------------------------------
apple"2-A 阿部農縁の挑戦×味覚のレッスン
    阿部農縁・寺山佐智子"
fish"2-B プロデューサーの流儀2 食の遺産発掘編~魚の燻製「梶賀のあぶり」体験~
    梶賀まちおこし会"
happy01"2-C 子どもと関わるとき~大人のあり方を考える~
    TOECフリースクール・伊勢達郎"
flair"2-D 体験型プログラムの作り方、進め方
    里山倶楽部・新田章伸"
pencil"2-E 伝わる、集まる、あったかい 手描きポスターチラシの作り方講座(実践編)
    モクモク"
snow"2-F いちご摘みといちご大福づくり体験
    モクモク"
-------------------------------------------------------------------------
分科会③ 2月21日(木)9:00~12:00
-------------------------------------------------------------------------
riceball"3-A 保存食からひもとく調理活動の衛生リスク
    大杉谷自然学校・大西かおり"
wine"3-B プロデューサーの流儀3 ツーリズム編~ワインツーリズムやまなしの過去、現在そして未来~
    ワインツーリズムやまなし2012実行委員"
sun"3-C 2014企画会議 テーマは食育×デザイン
    全国食育交流フォーラム実行委員会"
chick"3-D 命をいただく~実践を通じて自然に身につく命の循環~
    ホールアース自然学校・川道光司"
taurus"3-E 牛が教える!?国語算数理科社会
    モクモク"
pig"3-F 手づくりウィンナー教室(10:30~)
    別途参加費:1,260円(お土産付き)"
-------------------------------------------------------------------------
Pop

 

全国食育交流フォーラム2013 活動発表者募集!

全国食育交流フォーラム2013では、活動発表者を募集していますsign01 

  
①講師としてプログラムを実施する 
art内容:20日の分科会の1コマで食育プログラムを実施することができます。 
clock時間:2~3時間 
happy01定員:20~60名(主催者にて会場を割り当てます) 
dollar参加費の徴収:当日参加費を徴収することができます 
 *プログラムに係る経費(材料費等)はご自身で負担していただきます 
bell参加特典①:当日資料にて、実施者とプログラムを紹介します。 
bell参加特典②:2名分参加費(全日程参加)を主催者が負担します。 
 
Dsc01445

②事例発表会への参加
 
art内容:会場(収容人数40名程度)にて、自らの活動事例を紹介することができます。 
riceballAしっかりコース:発表45分、質疑応答10分、入替5分(時間帯枠:20日9:30~12:30) 
budBおきがるコース:発表15分、入替5分(時間帯枠:19日20:30~、20日20:00~) 
 *両コースとも資料配布、簡易音響、プロジェクター使用可。 
 *Bおきがるコースは、夕食後の時間帯となります。 
-------------------------------------------------------------------------

clock応募締切 12月25日 
 *応募者多数の場合は、主催者にて時間帯等を調整します。

sun申込方法
 申込用紙をダウンロードしてお申し込みください。

pcエクセルファイル

2012年11月19日 (月)

畑で教える!?国語算数理科社会

11月18日(日)、モクモク農学舎にて、教育ファーム指導者研修会「畑で教える!?国語算数理科社会」を開催しました。

地元三重だけでなく、福島、新潟、岐阜、京都、奈良、大阪、島根から、
小学校の先生、中学校の先生、教育委員会、行政職員、英語・そろばん教室、自然学校職員、学生、農家、一般、小学5年生など様々な方面から20名が参加しました。
まずは、さつまいも、にんじん、白菜の収穫を体験
Photo
畑を案内したモクモク農業スタッフ・イエッキーは、
・畑の面積
・畝の数
・株の間隔
・株当たりの収穫量
・kg単価
など、農業生産にかかわる必要な「算数」を紹介。
収穫した野菜を使った昼食では、さつまいもピザが登場!
ピザ生地の代わりに、薄く切ったさつまいもをバットに敷き詰め、
玉ねぎ、ベーコン、チーズをたっぷり載せて、石窯の中へ。
Photo_2
午後は、小学4年生の学習指導要領の項目のうち、

収穫体験ではどの項目がクリアできるか

農業が教育課程とどのようにリンクできる可能性があるか、話し合いました。
Photo_3

flair「ほとんどの部分が農業体験でクリアできることが分かって、衝撃を受けた」

flair「総合的な学習の時間の1年分の計画が出来上がった」

flair「実用的でストーリーのある試験問題づくりのヒントになる」
など、農業をテーマにした体験から可能性が広がります。
Photo_4

たとえば「農家に感謝状を書く」ことは、国語の

pencil「相手や目的に応じて必要な事柄を調べる」
pencil「文章を構成する」
pencil「目的や必要に応じて、理由や事例をあげて書く」
pencil「敬体と常体の違いに注意しながら書く」
pencil「よりよい表現に書き直したりする」
pencil「文章について、意見を述べ合う」

など、4年生国語の内容「書くこと」を網羅しているなど、
発表がありました。
それに伴い、収穫体験の事後学習として、理科や社会の要素だけではなく
国語の時間を活用できるという意見も出ました。

「農業を教える」
アプローチと「農業で教える」アプローチ。
教育関係者、農家、その他指導者がお互いの立場を理解し、より充実した実習、事前学習、事後学習を通じて、子どもの学びを広げていく可能性を感じた研修会となりました。
次は2月の全国食育交流フォーラムの分科会で
「牛が教える!?国語算数理科社会」に挑戦しますsign01
.

2012年11月17日 (土)

全国食育交流フォーラム2013 申込方法

全国食育交流フォーラム2013のお申し込みはこちら。
bud申込用紙をダウンロード、必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールにてお送りください。

pcエクセルファイル

pencilPDFファイル
----------------------------------------------------------------------------
<申込先>

faxtoFAX0595-43-1589

より以前の記事一覧