9月18日の営業について

9月18日は台風の影響により 

開園時間を正午12:00とさせていただきます

そして台風が通過し安全が確保されるまでは外出を控えて過ごすようにしてくださいね

どうぞよろしくお願い致します

 

台風のあとは排水作業や土寄せ、必要ならば追肥も行うとよいですよ

早くお天気が良くなりますように・・・

 

 

農学舎

担当 家城 誠

| | コメント (0)

2021年8月 5日 (木)

まもなく立秋を迎えます

 みなさま暑い日が続いておりますが 夏はとっても短い季節です。梅雨が終わったと思ったら もう暦では秋が訪れようとしていますね

そうです来週は立秋を迎えいよいよ季節は秋になります。秋になるといってもまだまだ暑さが続きますが畑の準備はもうすでに始まっっています

 会員さんも酸度計でphを測定したりしながらどんな肥料や堆肥をどれくらい施そうかなーと楽しく作業されています。堆肥は種まき・定植の最低1か月前、有機肥料は2週間前、ミネラル資材は有機肥料を入れる1週間前(種まき定植の3週間前)と畑の準備にも準備期間が異なりますのでしっかり今から準備しておきましょうね

 栽培目安

じゃがいも 植え付け8月20日以降~9月5日頃まで

人参    種まき 8月25日~9月5日までが発芽し易い

キャベツ・ブロッコリー カリフラワー等  植え付け8月25日~

白菜    植え付け 9月1日~10日頃までが大きく巻き易い

大根    9月15日~24日頃までが大きく綺麗な大根になり易い

などいろいろありますが また農学舎にお越しの際にぜひ声を聞かせて下さい 分からない事もありますが僕も勉強します!!

 今年も苗の販売も行いますので 農学舎で苗を購入したい方は 苗リストを添付しましたので参考にしてくださいね

 

 毎日毎日草刈りの日々です 草のように強くたくましくすごせるよう みなさま体調管理を徹底し 畑ライフを楽しんでくださいね!!

 

『8月の予定』

営業時間 9:00~18:00

定休日 8月11日(水)

ネイチャークラブ キャンプイベント  8月21日(土)~8月22日(日)

 

農学舎 

家城 誠

ダウンロード - e4bba4e5928c3e5b9b4e7a78be9878ee88f9cefbca1efbc94.xls

 

| | コメント (0)

2021年6月28日 (月)

セミが鳴き始めました

 今朝セミの声が聞こえました!!いよいよ夏が始まります

毎日のように少しではありますが雨が降り 畑が乾く事がありませんが みなさんなんとか畑仕事に励んでおられる様子

しかし やってもたっても草ばかりが伸びてきてしまう 草にとっては最高のシーズンです  油断していなくても草に覆われてしまいますので 畑に来られた際は 草と仲良くお過ごし下さい

 

『農学舎会員のみなさまへお知らせ』

 じゃがいも掘りの追加イベントを7月3日(土)に行う予定になっています

 よろしくお願い致します(礼)

 

 じゃがいもの販売も出来ますので ご希望の方はぜひお声がけください

 

 

農学舎

担当 家城 誠

 

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

夏草の勢いが増してきました!!

 雨が降らない日が1週間以上ありましたが 先週末と週明けに雨がしっかりと降ってくれましたので 夏野菜は喜んでいることだとおもいます

しかし いままで比較的落ち着いていた草が夏草に一気に変わりましたので ここから先は雑草の管理が大切です 

 夏の雑草は 放っておかなくても畑を覆いつくしてしまいますので こまめな除草、または刈り草ロールなどで草の勢いをコントロールしましょう

 今年も6月から刈草ロールの申し込み受付が始まったようですので 農学舎でも利用したいと考えています   申込用紙をクラブハウスに用意しますので みなさまのご協力よろしくお願いいたします

 

 農学舎今後の予定

6月19日(土) じゃがいも掘りイベント(終日)

6月20日(日) じゃがいも掘りイベント(終日)

 

7月の予定

定休日 7月14日(第2水曜日)

営業時間 9:00~18:00(サマータイムとなります。7月~9月まで)

サマータイムとなりますが 18:00でクローズとなりますので コーヒーやお茶、浴室の利用は17:30をラスト利用となるように みなさまのご協力をよろしくお願い致します 

 

その他7月の予定

7月31日(土)~8月1日(日) キャンプイベントがあります

 

これから蒸し暑い日が続きますので みなさま体調を整えて 畑ライフをお楽しみ下さいね!!

 

農学舎

家城 誠

 

 

| | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

5月の予定

5月のお休み

5月6日(木) (5月5日(水)は祝日営業致します)

5月12日(水)

5月19日(水)

5月26日(水)

となります

 

各地域で緊急事態宣言等が発令されておりますので クラブハウスでも状況に応じて 飲み物を各自で用意して頂いたり、シャワー、浴室等の使用を制限させていただく場合がございます

感染を防止するために みなさまのご協力をよろしお願いいたします

 

畑は夏野菜の植え付けシーズンです 適期作業をしっかり行いましょうね!!

 

 

農学舎

 

 

 

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

春の植え付けの時期になってきましたね

ダウンロード - e6b7bbe4bb98e794a8.xls

 いよいよ春の植え付けのシーズンです 伊賀は遅霜が4月20日過ぎまでありますので 天候にはくれぐれも気をつけながら 春からの栽培を楽しんでください

 今年の春夏作型の苗のリストを添付しましたので参考にしてくださいね 尚注文は農学舎クラブハウスに注文用紙を用意しましたのでそちらにご記入ください   農学舎に来れない場合は まず電話にてご相談ください 注文内容のご相談の確認が出来ましたら農学舎の方で注文の手配をすることも可能ですので まずは電話でご相談ください

 

 

今日は朝から雨が降り始めました 適度な雨の量で止んでくれたらと願っております!

 

農学舎

家城 誠

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

土が乾きにくい季節ですね

 3月は雨期です  雨シーズンといえば6月から7月にかけての梅雨をイメージしますが 日本には四季があり 4つのシーズンで雨季があります

最初の雨季がまさに今です 3月は雨が多く畑作業が忙しい時期にもかかわらず 晴れの日が続かず土が乾きません

 3月11日   天気が4日続き 次の日が雨予報ということもあり じゃがいもの畝たてを行いましたが やはりまだ土は乾ききっておらず傾斜畑の下の方は水分をたくさん含んでいて トラクターで畝たてをしたら 団子状態の土になりました 

 みなさん じゃがいも植え付けや春からの種まき・植え付けを予定されていると思いますので 畑はしっかり排水作業を行っていきましょう  排水作業をやらなかった場合は 管理を行った時に比べ 1週間は土が水を含んで畑に入れないと思っておいたほうが良いです

 

 しいたけの原木と菌が届き植菌を始めました それからドリルの機械が動かなくなったりと トラブルがありましたが 代替品の準備ができましたので植菌作業再開します ご迷惑をおかけしました

 

 苗屋さんから今年も苗の注文リストが届きました クラブハウスカウンターに用意しましたので またチェックしてみてくださいね

苗の発送は 早いものは3月の25日頃から用意できるみたいです 農学舎の取り扱い苗屋さんの苗は品質がとても良いです  予約注文なども早い時期なら可能なものもあるようですので 必要なかたはまた ご相談ください

 雨にも負けず 感染にも負けず 健やかな農業ライフを楽しんでいきましょう

 

農学舎

家城 誠

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

じゃがいもはいつ植えたら良いですか?

 2月22日の朝 『じゃがいもはいつ植えますか?』と質問をいただきましたので 質問にお答えしたことをブロブにも書きますね

 じゃがいもの植え付けは 東海や近畿では 2月末から3月上旬にかけて植え付けをすることが多いと思います 農学舎のある伊賀市は冬が寒くて県庁所在地の津と比べると 3度以上寒いですから、氷点下になり凍結したり霜が降りることも多いこの地域は 2月下旬から3月上旬にかけてじゃがいもの植え付けを行うと 寒さで新芽を傷めてしまうおそれがあります

 植え付けから発芽までの期間は 約1か月前後です。 例えば3月1日に植え付けを行った場合は 4月の1週目に発芽すると予想されますが 伊賀市は4月20日から4月25日まで遅霜が降りることあります  せっかく発芽しても霜にあたると低温やけどになってしまい 葉も茎も枯れてしまいます  そこから脇芽が出て来たらその脇芽を育ててあげればじゃがいもの収穫はできますが 脇芽で育てたじゃがいもは大きさも小さく、芋の数も少なくなります

 ではどうして 2月下旬から3月上旬に植えた方が良いと 野菜作りの本などに書かれているかというと  芋の肥大に大きくかかわるからです

 じゃがいもは暑さにそれほど強くありません じゃがいもの収穫時期は6月20日頃からです この時期までに芋を大きくさせておくためには早く発芽させて じゃがいもにとって心地よい環境で長い期間成長させなければなりません  じゃがいもの芋の成長が止まる原因は高温です 気温28度を超えたころから成長が止まってしまいます   温暖化の影響もあり 夏日になるのが年々早くなってきていますから 5月から猛暑日になるなんてことも最近では起こっていますので 涼しい間にあるていど芋を大きくする必要があります

 

 みなさんは いつ頃植えようと計画していますか?

 例1)霜が降りなくなる4月23日ころに芋が発芽するように 3月15日~20日頃に植える

 例2)3月の1日に植えて 涼しい時期を長く確保する

 

 僕なら このどちらかです  そしてどちらかを選んで植え付けたときの対策をしっかりしておけばある程度 しっかり栽培ができると思います

 例1)の場合は霜の影響はないが暑くなって芋が大きくならないかもしれない  この場合の対策は 生育の途中から寒冷紗のトンネル栽培にする そうすることで最高気温を下げ 地温を下げる事ができるので じゃがいもの生育に負担がかからない

 

 例2)の場合は 涼しい期間は長いが 霜害のリスクがあるので こういった場合には 遅霜が降りる4月25日ころまでは不織布をかけて霜害を防ぐ そうするとその後の生育がスムーズに進むと思います

 

 こういった手間暇をかけられるのが 家庭菜園や こだわり野菜作りの良さだと思いますので よかったら参考にしてみてください

 

 

農学舎

家城 誠

 

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

春の訪れを感じますね

 寒い日はまだまだありますが 17時半をすぎても明るくて どんどん春が近づいてきているんだなと感じます

 畑を見ていると 大根の葉っぱがとても活き活きとしており 1か月前の大根の姿とは少しちがいますね。 そうです これは大根から栄養をもらって花を咲かせようとしています つまり、大根が美味しくなくなっていくということになります   畑に大根が残っている会員のみなさんは早めに収穫してもらうか、 大根の頭(生長点)を斜めに切って栄養が葉っぱの方に移らないようにしましょう

 

 いよいよ本格的な春の栽培シーズンに入って来ます 3月は何を蒔こうかなー 人参 セロリだったら3月1日ころから蒔けるな― じゃがいもは今年は暖かそうだからいつもより少し早めに植えようかなー なんていろいろ頭の中で考えています

 農学舎の生産農場の方では ネイチャークラブ会員さんのじゃがいも収穫体験用の肥料を施しました 2月11日にミネラルを入れて 2月19日に有機質肥料を入れました  3月の1日にはじゃがいもが植えれるように準備をしました

 

 種まきも 苗を植えるのにも 準備が必要で 播種 定植の2か月前から畑を耕し 土の中の未熟な有機物を出来る限り分解させてあげる

そしてその作業と並行して 堆肥を植え付け2か月前に  肥料は有機肥料なら植え付け1週間前 できれば2週間前に施す ミネラル等の資材を入れる場合には

有機質肥料の1週間前に施しておくと準備はばっちりです   そうやって作業をイメージしていくとかなり前から準備が必要なのだということに気づきますね

 

 みなさま 畑の準備はいかがでしょうか これから暖かくなり 雨季がやってきます  比較的雨の少ない今の時期に 春から始まる栽培の準備をしっかりやっておいてくださいね

 

 みなさま ぜひ畑仕事におこしくださいね

 

 

 『しいたけ植菌を希望されている会員のみなさまへ』

 まもなく原木と椎茸菌が届きます あと少しだけおまちください 

 ドリルやインパクトドライバーをお持ちの方は ぜひご持参して頂けると助かります( 椎茸用のドリルの刃はあります)

 

 

農学舎

家城 誠

 

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

1月もあと1週間となりました

 雨が2日間降り続いていますね 貸し農園の畑の土もしっかり水分をふくみました

 気温が低い時期ですので 土の表面もなかなか乾かないのですが 土の中はそれ以上に乾きません

 今は畑の土をひっくり返して 堆肥を入れて 仮畝を立ててと 畑では1年の中で一番大切な時期なのですがなかなか思うような作業もできませんね

 とはいっても 天気はこれから雨季に入って来ますので ゆっくりしていると畑に3月後半までは入れないということになってしまいます

 2月の中旬までは畑に入れる時が多いと思いますので ぜひ畑にお越しください

 土が水分を含んで 耕運機などが使えない時でも 土のために出来る事はたくさんありますよ

 まず 畑全体の排水作業です 周囲に溝をほり余分な水を通す道をつくります 貸し農園は傾斜になっているので上から下に排水できるように工夫すると良いです また下の土を今の時期に上の方に戻す作業を行うとよいですね

 次に畝をたてる準備ですが 水分が多く耕せない状態であれば 耕さなければよいので、 スコップなどでザクザクと粗く畝のように土を盛っていくと良いでしょう そうすると土の通気性も高く、盛る事で土の乾きもよくなりますので 平地で放置しておくよりもかなり早く耕運等の作業を始められます

 このような準備と一緒に堆肥を撒いたり 少し早めに元肥を入れておくと 野菜にやさしい土に仕上げる事ができます

 

 

 クラブハウスで なかなかゆっくりと過ごす事は 今の状況では難しい事だとは思いますが 畑のお仕事にはぜひお越しください

 そしてクラブハウスもみなさまで協力し合い 適度に人も空気も入れ替えをして クラブハウスでもお茶等のご用意はしておりますが、マイコップ マイドリンク等を持参していただければ感染防止につながると思いますし クラブハウス環境も維持できるのではないかと思いますので 上手にご利用くださいますようお願いいたします 

 

 毎年椎茸の植菌をして頂いている会員さんから 今年も植菌をしたいという声がありましたので 今年も原木(椎茸駒菌含む)の注文を受け付けようと思います 植菌期間は2月上旬から末頃までの予定です

 原木(駒菌含む)購入を希望される方は クラブハウスの申込用紙か 農学舎に電話又はファクス(0595-39-9098)でご連絡ください 締め切りは2月の1週目頃までとさせていただきます

 

 寒い日が続いておりますので 身体を冷やさないように 健康管理に努めていきましょう そして畑作業にぜひお越しください

お待ちしております!!

 

農学舎

家城 誠

 

 

| | コメント (0)

«2021年もよろしくお願い申し上げます